家庭教師のマスターの先生がすごいところ

私は家庭教師のマスターの先生にとてもお世話になりました。私はあまり勉強が好きではなく、親がそんな私を見かねて家庭教師を付けてくれたのです。でももともと勉強が嫌いな私がそんな簡単に勉強をするようになるわけがありません。でも私の担当になった家庭教師のマスターの先生は、私の様子をじっと見ながら、「勉強しろ」とは一言も言わなかったのです。逆に今日一日の出来事を聞いてくれたり、将来のことについての悩みを聞いてくれたり、時には恋の話も聞いてくれました。多分家庭教師のマスターの先生は、親からも勉強をさせるようにいろいろと言われていたと思いますが、まったく私にはそんなことを口にしないのです。今にして思えば、先生は私がその気になるまでずっと待っていてくれたのだと思います。ある日将来についての不安を口にしている時に、私は自分で「勉強しよう」と思いついたのです。こんなにクヨクヨ悩んでいるだけでは将来は開けないのだと。その思い付きは家庭教師のマスターの先生がじっと私のことを見守っていてくれたおかげだと思います。



Filed under: 未分類 — 0:00:00